Tweet 

肩こり体操 肩こり体操  

 肩こりのエクササイズ(肩こり体操)の基本は、肩、肩甲骨を本来動く範囲の中で、最大に動かす事です。
 水泳が肩こりの解消に良いということは良く聞くところですが、水泳を行うときのような腕を耳につけるような大きな運動が求められます。(写真1)

 しかし、肩関節や肩甲骨の周りの筋肉が緊張していると肩関節がスムースに動かず、「コキコキ」音がして関節が引っかかったり、大きく動かせなかったりします。
 そうならないために、肩を回す運動の前には片方の腕で他方の腕を上方に引き上げるストレッチやぶら下がりなどで肩の付け根の筋肉のストレッチをしたり、(写真2のa,b)胸の筋肉のストレッチが必要です。(写真3)



※写真1−出来るだけ大きく廻すようにして、逆方向も行う事。肩の関節の動きが悪い時は写真2,3,4,5を先に行ってからやる事。(3,4,5は次ページ)
写真2a−片方の腕で他方の腕を上方に引き上げる。伸ばしている方の腕の力は抜いて20秒間保持する。
写真2b−ドアの上など高いところに手をかけ、膝を曲げて肩をつっぱり感が少なくなるまで牽引する。



背中のストレッチで肩こり解消
“ウエストリラックスメイト”


 また、首から肩への筋肉のストレッチ(写真4)や肩甲骨の動きを良くする運動も必要です。(写真5)


※写真3−胸の筋肉をつっぱり感が少なくなるまでストレッチする。肘の位置を肩より低く、同じ、高くと3つのパターンで行う。柱や部屋の角を利用して片方ずつ行っても良い。(特に45度以上の角度を入念に行って下さい)



※写真4−後頭部に深く腕を入れて腕の重みを使って、前方に頭を倒す。肩の筋肉をストレッチした状態で20秒間保持する。反対の手で椅子をつかんで体ごと倒すとより効果的。
※写真5−腕を下げた状態で肩を回転させる。前〜後、後〜前の両方向行うようにする。ゴリゴリするときはなくなるまで繰り返して行う。



姿勢矯正ベルト
“クラビクルストラップ”

NEXTHOME


表示: スマートホン|PC

肩こり・腰痛グッズは